yukishiroの熟れたてフレッシュ

自称ぷちゲーマーがレビューしたり色々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

WEM2010 part1

一年はあっという間ですね。もう12月です。
さて、11月初句に中国、杭州市で開催された「World e-Sports Masters2010」。
僕はクロスファイアの日本代表として参加してきました。

8日間の遠征でした。出発から帰国までの出来事を書きます。
長くなるので、いくつかパート分けしますよ。



 11月1日 出発
前回の韓国遠征は昼出発でしたが、今回は7:30成田空港集合、8:55成田空港発という早い時間でした。
メンバーのうちDahLIAとdelaveはYamatoN宅に泊まり、kasumiは僕の家に前日入り。
朝一番の成田エクスプレスに乗る必要があったので、食事をする時間も無いですし、機内食で朝食を済ますのも、口に合わなかったらどうしようか・・・とか色々考えてましたが、
「早めに起きてゆっくり朝飯食ってから新宿駅向かおう」
という事になり、就寝。

しかし、年長組なのでまず大丈夫だろうと、僕がkasumiに任せっきりで、アラームをかけなかった事が第一の事件を引き起こしました。

 AM5:20
kasumi「yukishiroさん!大変です!」
僕「ん?」
kasumi「時間ヤバいです」

成田エクスプレスの出発時刻は5:55。
ただでさえ荷物が重たいのに、家から新宿までは歩いても10分以上。
出発ホームが少し遠いことも考えるとかなりヤバい事に気づく。

まさか二人して寝坊するとはお互い思ってなかったようで、急いで支度を済ませて家を出ました。
朝方なのでまともにタクシーも拾えず、「もう走るしかない!」と慌てて走った所に運良くタクシーが拾えました。
急いで新宿駅に向かい、ホームに向かって全力疾走。
約20kgのスーツケースを持ちながら走るのは流石にキツかったです。
ホームに着いた時はもう出発直前で、何とか間に合いました。

電車の中で休憩しつつ、あっという間に空港到着。
前回に引き続き、引率者の方(韓国人女性)と合流。
早々にチェックインを済ませ、「コーヒー一杯くらいしたいね」と話し
全く空港内にそれらしき店が見当たりません。
チェックインは失敗でした。
出国なう。

 AM11:15
上海浦東国際空港に到着。
予定では、ここで合流予定の"日本語が話せる"通訳さんが待っているとの事で、疲れが溜まっていたメンバー一同、「そろそろコーヒー一杯くらい・・・」と話し合っていました。
予定通りM★stersのパネルを持っていた人と合流。
ここから杭州に向かうバスの出発時刻も把握していたので、いざ交渉。
しかし、全く日本語が通じない。

あれ?何かおかしくない?と不安になるメンバー一同。
英語なら通じるようだったので、英語をある程度話せるkasumiが交渉。

WEMスタッフ「オーケーオーケー!」
どうやら通じたらしいです。

kasumi「英語喋れてよかったです!」
今回の遠征で最も頼りになった男、kasumi。

そしてバス乗り場に到着
全然通じてませんでした。

バスの出発時間まで少しだけ時間があるという事を説明され、ホテルの下のロビーで少し待っててくれと言われる。
10分ほど待たされた後、急に「パスポートを全員貸してくれ」と言われて、渡す。
この時点でメンバー一同、「今回の遠征、大丈夫か?」と不安に。

その後、ホテルの一室に案内される。
どうやらバスがまだ着てないようで、PM3:00に来る予定のアメリカ代表と合流してから行くことになったとの事。
パスポートを貸せ、というのは部屋を借りる為だったそうです。しかし、一言くらい事情を説明して欲しいですというのが本音。
ホウレンソウ、ホウレンソウ。


IMG_0053_.jpg
というわけで、かなり時間が余ったので、空港内で昼ご飯を探すことに。
ご飯と、カレーをかなり薄めて味付けし骨付き肉(骨だらけ)と、油たっぷりのレタス。
まだメンバーは中国の料理に慣れないらしく、あまり口をつけていませんでした。
僕は腹が減ってたので、全く気になってませんでした。

そしてここでジュースをこぼすdelaveさん(やらかした一回目)メンバー大爆笑。
彼は前回の韓国遠征時、注意力が不足していた事から多くのミスを生み出していたので、予想通りな展開。

時間はまだまだ余っているものの、やる事も無いし移動できる所も限られているため、部屋に戻る一同。
顔を洗ったkasumiが何も考えずに洗面台に設置されていた手を拭く用のタオルで顔を洗ったら、タオルが凄くカビ臭くて騒いでました。
中国に感動する一同。


バスに乗り(バスというよりバン。かなり椅子間が狭い)、3時間という長い移動で、ホテルに到着した時はもう暗くなってました。
道路もあまり整備されていなかったので、車内では寝ようにも寝れなかったため、メンバーは今にも眠そうな位疲れていました。
初日の予定は何も無かったので、ホテルでのチェックインを済ませた所、引率者の方のホテルが別のホテルだったので、連絡方法を把握するための部屋番号を知るために僕とkasumiはチェックインに同行。
すぐ戻って来れるだろうと思っていたのに、何とここでも事件が起きました。

引率者の方が宿泊する方のホテルは、クロスファイア代表が宿泊するホテルと比べてとても豪華。
こちらには引率者以外にも、Counter-StrikeやWarcraftの代表が泊まっています。

そして、WEMスタッフに英語で説明されています。
「宿泊費を払ってください」との事。
僕らからすると、そもそも招待されているのに払うこと自体がおかしいし、その話も事前に聞かされていない。
この場を立て替えるにしても、いつ返してくれるのかわからないため、引くわけにもいきません。
お互いの言葉があまり通じていないので、WEMスタッフもカタゴトの日本語で頑張って伝えようとしますが、
言葉の使い方を知らなかったようで、日本語ではどちらかというと煽るような言い方をされてしまいます。
これでは埒があかないと、引率者の方が、こちらのホテルに宿泊してるプレイヤーリストから、SKGamingのマネージャーで、韓国人の名前を発見。
もしかしたら英語と韓国語が喋れるかもしれないと、連絡を取ろうとしますが、たまたま部屋に居なかったようで、万事休すかと思った時、そのマネージャーが偶然目の前に現れる。

どうやら韓国語、英語、ドイツ語が話せるトリリンガルだったようで、話をうまく通してくれました。
結果、初日分の宿泊代だけ支払い、明日来るNeowizの人が立て替えてくれるという話に。
更に、日本語の通訳さんを明日用意してくれるとの事。
不安も一気に解消され、ホテルに戻りました。

あ、そういえば夕飯は?
弁当が支給されました。骨付き肉です。

そんな感じで、長い初日が終わりました。

続きます。
スポンサーサイト

コメント

初日から大変でしたね;
お疲れ様です。。

  • 2010/12/18(土) 13:03:35 |
  • URL |
  • 4ks #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://aitoboin.blog107.fc2.com/tb.php/24-4ebe0ea2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。