yukishiroの熟れたてフレッシュ

自称ぷちゲーマーがレビューしたり色々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ARTISAN 疾風

ある程度試用運転が終わったので、レビューいたします。

ARTISANのマウスパッド 疾風 です。

IMG_0861_.jpg

■使用マウス
・IE3.0(perfect glide)
・IE3.0(ARTISANソール ブレーキングタイプ)
・SteelSeries Xai(SteelSeries Glide Xai)

■表面の特徴
まず、表面のサラサラ感が素晴らしい。
手触りも良く、マウスが無くとも手を滑らせたくなる高級感。

■サイズ
当然ですが横に広い。通常通りの置き方で使う分には問題ありません。
ただし、縦置きの場合も考慮すると、縦の面積も広いほうが万人受けするかもしれませんね。

■滑り
プラスチックパッドを想像させるような滑り。
前回のValueEditionと比較しても、こちらの方が二速、三速は速くなっている。
マウスを「軽い」と思わせるような滑り心地で、初速は「紫電改」に匹敵する。
これほどの初速を布製で実現してしまったら、もうプラスチックパッドは必要無いのでは?

さて、問題はストッピング性能。
こちらは、当然プラスチックパッドと比べたら止めやすいものの、
滑りにくい布製から、いきなり疾風に移行するプレイヤーにとって、この疾風で従来通りの使い方でストッピングを再現するのは、やはり難しい。
IE3.0(perfect glide)ではマウスを止めるのが難しく、ハイセンシの場合、どうしてもマウスを握る手に多少の負荷を掛ける必要があった。
そのため、マウスの使い方を工夫(変化)させる必要があります。

しかし、SteelSeries Xaiを使用してみると、初速の良さを残しつつ、ストッピング性能を高めることが出来た。
これは、ソールの形と面積による所が大きく、これについてはまた別の機会に。
ARTISANソールとの相性は別格に良いので、ソールの詳しいレビューは発売してからという事で。

後は、縦と横で滑りが違います。これは飛燕シリーズも同じですね。
少し滑りを落としたいという方は、縦置きをどうぞ。

■耐久性
黒いので埃も目立つ上、ソールに掛かる負荷も布製なだけあって、飛燕シリーズとそう変わりません。
しっかりと耐久性に気を遣えば、3ヶ月以上は洗わずに使えるでしょう。
しかし、飛燕シリーズと比べると値段も高いので、長く使うのであれば、劣化しないように気をつけましょう。

■欠点
・マウスパッドの端の糸が少しずつ、ほつれる(使う分には問題無い)
・腕を支点にすると、マウスパッドの端の角が鋭いので、痛い
・ハイセンシプレイヤーは、ストッピングに一工夫必要


スポンサーサイト

コメント

saomtの実況お疲れ様でしたヾ(*´∀`*)ノシ
疾風を買おうかどうか迷っていたので参考になりました!Artisanからソールが出てるのも初めて知ったので今度一緒に買おうと思います|ω・`)

  • 2011/08/25(木) 21:11:56 |
  • URL |
  • 東ティモール #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://aitoboin.blog107.fc2.com/tb.php/31-3ab8ad67
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。